ママである私だけではないということ

子育てをしていて、大変だなと感じることはたくさんあります。
生活の中心が子供になり、睡眠時間がとれない、好きな時に食事がとれない、自分の時間がない、、、と例をあげればきりがありません。
でも私にとって一番大変だと感じることは、周囲の人とのお付き合いです。
まず子供を育てていく中で、最大の難関はママ友との付き合い。
私にも子育ての悩みを分かち合えたり、子供同志遊ばせることができたり、また子育て情報を得ることができるママ友がいます。
自分が育児に悩んでいるときなど、同じ立場であるママ友と話をすることで、悩みが解消されることも多々あるし、本当に大切な存在なのです。
ただ子供を通じての友達なので、自分と合うか合わないか…という問題もあるし、合わないからといって、これから子供がおつきあいをしていく友達のお母さんだから縁を切るわけにもいかないといった事情が生じてくるのです。向うが好意を示してくれている場合は特に、うまく立ち回ることが大変なのです。
子供を産んでから、私はママ友だけでなく、周囲の人に対して「○○ちゃんのママ」としてどう思われるか、私が周囲の人に嫌われることによって、子供にどんな影響があるのかと考えるようになりました。ご近所でも、私が悪いことをしている子供に注意しすぎて、うちの子が嫌われないかなと心配したり、いつも笑顔を心がけたりと、周りとトラブルにならないように心掛けています。
学生時代からの大切な友人も、お互い子供を産んで母親になると、子育て方針が違うため何かギクシャクしてしまったり、思わぬ一面があらわれたりで、子育てをする母親は自分のことだけでなく、そこから子供にどのような影響があるのかということを常に考えなければならないと思います。
もちろん考えすぎであって、そこまで気に掛ける必要なんてないという人もいるでしょう。
ただ私は私のせいで、これから成長する子供の障害になりたくないのです。子育てに集中しているときは、そんなことばかり気にしていました。
しかし、子育てが少し落ち着いてから仕事に復帰したら、私は私、私と相手との関係だけで成り立つ世界に出会うことができました。
その時にすごく楽になり、私は母親だけでなく、私は私として生きる世界を持つべきだと感じました。
子供も自分のせいで母親がいろんなことを犠牲にしていると、背負わされても負担ですよね。
まだまだママ友も必要で、子育て真っ最中の私が、これから私は私と割り切って、周囲とつきあっていくことは難しいと思いますが、私には私だけの世界があることを大切に、子供におしつけすぎないように頑張りたいと思います。

仕事に復帰した理由が、主人のお給料が会社の不景気で下がってしまったり、ボーナスが予想以上に少なかったりと、今までのように普通な暮らしができなくなり、この前なんて借金をしてしまったのです。

専業主婦でもお金を借りることができる金融をネットで探して、こういったところでお金を借りました。。。

こちら

融通の利く審査で相談に応じてくれる、消費者金融キャッシング会社を一覧にまとめたものです。他の金融会社で断られた場合でも簡単にあきらめないで、一度お問い合わせください。違う金融業者での負債の件数が多いという人に向いています。
無利息となる期限があるキャッシングあるいはカードローンというのは増え続けていますし、今は有名な消費者金融会社でも、思いのほか長い期間無利息にしてしまうところがあるということでただただ驚くばかりです。
本当に融資を受けてみたところ驚くべきことがあった、というような口コミも時々見かけます。消費者金融会社関連の口コミを公表しているWebサイトがいくらでも存在していますので、ぜひ見ておくといいですね。
気軽に利用できる消費者金融については、口コミに頼りつつ見出すのが適切な方法だと思いますが、負債を負うことを他人に知られたくないと希望する人が、どちらかといえば多いというのも本当のことです。
逐一それぞれの会社のサイトを検証していては、時間の浪費になります。ここのコンテンツにある消費者金融会社の一覧表を確認すれば、それぞれの会社の比較が一目でわかります。

平成22年6月の改正貸金業法の完全施行に従って、消費者金融及び銀行は同じような金利による融資を行っていますが、金利のみを比較すると、断トツで銀行系列の金融業者のカードローンの方が低く設定されています。
当日すぐの即日融資が希望という方は、その当日の融資を受けられる時間も、その消費者金融会社によって変わりますので、融資可能な時間をチェックしておくべきです。
できるだけ金利が安いところから借り受けたいと願うなら、今からお届けする消費者金融会社をお勧めしておきます。消費者金融ごとに設定された金利がなるべく安いところを人気ランキングとして比較したので参考にしてください。
インターネット上で検索したらヒットする消費者金融業者の一覧表で、金利に関する情報や設定されている限度額といった、ローンあるいはキャッシングの細かい部分が、ぱっとみてわかるように集約されています。
自らに適したものを冷静に、見定めることを忘れてはいけません。「消費者金融系列」および「銀行・信販系列」という分け方で比較を行いましたので、参考のために確認してみてください。

金融業者からの借金を念頭に置いているなら、やたらとアルバイトの勤務先を頻繁に変えることなく一定のところで働いていた方が、消費者金融会社におけるローンの審査には、プラスに働くのは確かです。
それ程大きくない消費者金融業者の場合、弱みを突かれてあり得ない高金利でお金を貸し付けられる場合が多くありますから、即日融資を希望してお金を貸してもらう場合は、よく名前を聞くような消費者金融にて借り受けることをお勧めします。
ウェブ上では色々な消費者金融比較サイトが開設されており、基本的に融資金利や限度額その他に関することを中心として、ランキングにして比較したものを紹介しているものが多く見られます。
借金先をある程度絞り込んでから書かれている口コミを見たら、そこの消費者金融へ入りやすいか入りにくいかというようなことも、よくわかっていいです。

 

 

 

 

 

自分のための時間はどれくらい?

子どもを出産して、これまでとガラリと変わったのは、やはり時間の使い方だと思います。
独身時代から比べると、結婚してからは主婦として料理したり掃除したり、

夫のために費やす、自分以外のために費やす時間は増えていたと思います。

でも、家事の合間のひと時にお茶を飲みながら好きな本を読んだり、

買物に行って好きな雑貨屋さんをのぞいたり、自分の好きなことに使える時間も

確実にありました。
そこからさらに一変!出産すると、毎日24時間赤ちゃんのために時間を費やしている自分がいました。

下手すると夫のことすらそっちのけになることも・・・。(ホントごめんなさい)

自分の睡眠時間を削ってまで赤ちゃんのお世話をする。

母親業ってとっても大変。とってもスゴイ仕事なんだと思いました。

子どもが成長して1、2歳になって、全部やってあげる時代は過ぎても

ずっと後ろを歩いて見守り続け、ドキドキし続ける日々。

体は大して使ってないけど、ココロは常に子どもに向いていました。

3、4、5歳。幼稚園に入って、やっと一日のうち子どもと離れて一人で過ごす時間が出来るかと思いきや、

夕方になるとまだまだ手助けが必要な子どもに手をかけてやれるようにと

子どもが幼稚園に行っている間に済ませられる家事は済ませておこうと家事に奮闘する私。

いつになったら自分のために使える時間が持てるのだろう・・・。
そんな毎日ですが、家族のために日々時間を費やしているからこそ、

「お母さん」と必要とし、甘えてくれる子どもがいます。

独身時代、これほど人に必要とされ、甘えてくれる存在があったでしょうか?

そして、イッパイ遊んでイッパイ食べて、

夜すやすや眠る寝顔を見てこんなに「かわいいなぁ~」「幸せだなぁ~」と思えるのは

当たり前のことのようだけど、とっても贅沢なことなのだと思います。

世の中、いろんなお仕事がありますが、母親業はとっても素敵な大事なお仕事だと思います。

もっと社会で母親業、認めてくれたらいいのになぁ・・・。