結納とは

結納とは、結婚式の3~6か月前に行われる両家でふたりの結婚をやくそくして、親睦を深めることを言います。しきたりを重んじる結納がいいのか、食事をしながら歓談をする顔合わせがいいのか、というのはありますが、今回は結納について書いてみますね。
結納は正式に婚約を調える儀式で古くからのしきたりにそって結納品などを取り交わす、女性宅で催すなど地域によってやり方はいろいろです。最近では式場やホテルの「結納パック」を利用する方たちも一般化しています。
結納の段取りは、まず日時・場所・仲人を立てるかどうかを決めます。それから両家のしきたりを確認してちがうならどちらに合わせるかを決めます。
結納品の数や家族書の交換、結納金はどうするのかを決め、婚約記念品や結納返しをどうするか決めます。
結納は、挙式の3~6か月前の吉日を選ぶの一般的。結婚式の時期などをこの機会に話し合ってそこから場所を選ぶのであれば挙式予定の6か月前までを目安にしてください。

今までは仲人が両家を行き来するのが正式だったのですが、最近は一堂に会して行うのことが多くなっています。場所は料亭やホテル、式場や個室のあるレストランなどで行うことが多く、男性が女性の家を訪問して女性宅で行う場合もあります。

通常ですと、本人と両家の親で行うのが一般的なのですが、祖父母や兄弟姉妹は出席する必要はありません。もし、4人以外が出席する場合には事前に相手に必ず知らせてください。

男性はスーツ、女性は和服や華やかなワンピースなどが準礼服で、父親がスーツ、母親が留め袖などの和服が多いですが、洋装でも大丈夫です。事前に話し合って親の服装は格を揃えておくことが大事です。

仲人がいる場合には進行役は仲人で、いない場合には両家の父親が進め、会場では会場のスタッフが進行役を務めるとスムーズに行ってくれる場合もあります。

費用は、結納パックなどの会場費総額平均は約16万円。ほか、結納品で18万円、結納金92.7万円、結納返し34.5万円が目安で、両家で相殺される分まで含めて140~150万円が平均とされています。

片方は結納をしないでいい、でも片方は結納は行うという家柄だとして、お金の掛かることだけどどうしても執り行わないといけないとなったとき、ローンを組んで行う方もいます。

参照:http://xn--o9jo1n8dqe0eqaq8c3e.com/

結納にブライダルローンっていうローンを利用することもできますよ。

最近では結納をしないカップルが増えていますね。先日元モー娘。の吉澤ひとみさんが結納をしていましたね。なんとなく新鮮な気持ちになりましたね。